産業用太陽光発電にかかる費用 | ソーラーパネルの羽

HOME » ソーラーパネルについて » 産業用太陽光発電にかかる費用

産業用太陽光発電にかかる費用

太陽光発電システムは、世界的に注目を集めています。
今後、産業用の太陽光発電を導入しようと考えている場合、ソーラーパネルなどに必要となる費用は非常に重要なポイントです。
産業用の太陽光発電は、家庭用とは異なりソーラーパネル自体の数が膨大になります。
そのため、単価自体は比較的低くなるのです。
ただし、設置するスペースが非常に広く成るため、ランニングコストがかかるという点に不安を抱く方も多いのではないでしょうか。
産業用太陽光発電システムを導入した場合の価格と、ソーラーパネルの価格がどの様に変化をしているのかを見て行きましょう。

太陽光発電の設備を整えるためには、機器を設置する必要があります。
メインとなるのは太陽光発電のソーラーパネルですが、他にもパワーコンディショナー、ケーブル、電力を売る・買うためのシステム、施工代、その他にも費用が掛かる場合があるのです。
太陽光発電システムの導入について、業者へ見積もりを依頼する方も多いでしょう。
その場合、これらの機器の単価、個数と合計金額が算出されます。
施工費については人件費であり、工事や工事の際に組まれる足場の設置代金なども含まれます。
この施工費だけで、数万円となるケースも多いです。

太陽光発電を導入する際には、様々なメーカー、業者から比較をする事になるでしょう。
その場合、太陽光発電システムを導入した場合の合計金額ではなく、1kWあたりの単価で検討する必要があるのです。
同価格で施工をする2つの会社がある場合、1つの会社は160kW、もう1つは200kWであれば、同然ですが200kWの会社の方が安いです。
太陽光発電システムの発電量は、容量が多いほど高くなります。
そのため、単価やシステム導入合計金額のみを確認したところで、比較できないでしょう。
kW単価については、合計金額をkWで割ると計算することが可能です。
産業用太陽光発電システムは、ソーラーパネルの数が多いため、価格も高額。
そのため、1kWあたりの価格を見積もることを忘れないようにしましょう。