ソーラーパネル選び方のポイント | ソーラーパネルの羽

HOME » ソーラーパネルについて » ソーラーパネル選び方のポイント

ソーラーパネル選び方のポイント

屋根の形は、それぞれの家によって異なります。
そのため、どの様なソーラーパネルが良いのか、選び方に迷う方も多いのではないでしょうか。
まずは、屋根が狭い場合、設置しにくい形の屋根に設置するソーラーパネルの選び方を見て行きましょう。

屋根が狭い場合などは、ソーラーパネルの種類の1つである「コーナーモジュール」を利用します。
三角形などのソーラーパネルをパズルのように合わせる事によって、複雑な形の屋根であっても十分に設置することが可能です。
コーナーモジュールは、日本の太陽光発電ならではの商品です。
日本の家は、屋根が狭い場合や複雑なデザインが目立つため、メーカーが様々なバリエーションのソーラーパネルを開発しています。
これらのソーラーパネルの選び方を工夫することで、どの様な形状の屋根にでも設置することができるのです。

最も小さいソーラーパネルを製造しているメーカーは、京セラです。
京セラのソーラーパネルである「サムライシリーズ」は、一般的なソーラーパネルのサイズと比較をすると3分の1ほどの大きさになっています。
さらに京セラは、価格も安いことが特徴です。
三菱電機のソーラーパネルは、マルチレイアウトの種類が豊富です。
一般的なメーカーは5種類までですが、三菱電機は標準、ハーフなど全部で6つの種類があります。

一般的に、ソーラーパネルは屋根に負担をかけるほどの重さではないとされています。
しかし、劣化がみられる住宅や耐久性がない住宅の場合、軽さが特徴のソーラーパネルを選ぶ必要があるでしょう。
フジプレアムが製造しているソーラーパネルは、45%も軽い仕様になっています。
他のメーカーからも軽量が売りのソーラーパネルが発表されており、今後はソーラーパネルの形だけではなく軽量化についても注目が集まるのではないでしょうか。

ソーラーパネルの選び方の1つとして、屋根の形、住宅の築年数など耐久性を加味する必要もあります。
地域や住宅環境に合ったソーラーパネルを選んでください。