ソーラーパネルの仕組み | ソーラーパネルの羽

HOME » ソーラーパネルについて » ソーラーパネルの仕組み

ソーラーパネルの仕組み

ソーラーパネルは、太陽電池パネルと呼ばれることもあり、太陽の光で発電するためのパネルです。
ソーラーパネルの仕組みは、太陽電池を集め、アルミなどで作られた枠などに入れてパネルにしたもの。
太陽電池1つの発電量は小さいものの、沢山の電池を並べる事によって十分な発電力を得る事が可能です。

また、ソーラーパネルは、1枚でバッテリーと繋げる事で使用可能となります。
家庭用として使用される太陽光発電システムの仕組みは、いくつものソーラーパネルを使用し、パワーコンディショナーへ接続しています。
ソーラーパネルによって生産された電力は、パワーコンディショナーによって変換され、電力を売ったり使用したりすることが可能になるのです。

ソーラーパネルの具体的な仕組みを見て行きましょう。
ソーラーパネルの上には、太陽電池が接続されています。
太陽の光をエネルギーとして使用し、電力を生産します。
太陽電池を家庭や産業用として使用するためには、太陽電池を他のシステムと接続しなければなりません。
さらに、故障しないように保護する事も重要です。
雨や雪などが太陽電池の内部に入らないように設計されています。
入り込まないようにするだけではなく、湿気がこもることでも故障の原因となるのです。

近年、新たに開発されているソーラーパネルは、鏡やレンズを採用し、太陽の光を集められるように設計されています。
天候や設置条件に左右されずに、ソーラーパネルを設置できるようになりつつあるのです。
ソーラーパネルの仕組み次第で、太陽の光以外の光であっても発電ができるようになっています。
ただし、紫外線などは吸収できず、太陽光のほとんどを無駄にしているともいえます。
太陽の光をいくつかの種類に分類し、各光を吸収できるような仕組みの開発も進められているのです。
中でも、主に赤外線を使用して発電するソーラーパネルの開発が進められています。
今後の課題は多いといえるでしょう。