家庭用太陽光発電にかかる費用とは | ソーラーパネルの羽

HOME » ソーラーパネルについて » 家庭用太陽光発電にかかる費用とは

家庭用太陽光発電にかかる費用とは

家庭用太陽光発電システムを導入した場合に、電力を売った際の値段は徐々に下がっています。
売ることができる価格が下がってしまうと、太陽光発電システムによる収入が減少するという事です。
導入するのであれば、導入費用などから太陽光発電のメリットとデメリットを考える必要があります。

これから家庭用太陽光発電システムを導入することで、初期費用は回収できるのかと不安になる方も多いのではないでしょうか。
現在、太陽光発電の設置費用は低下しています。
住宅用の太陽光発電システムは10kw未満の設備になり、ソーラーパネルやパワーコンディショナーといった発電するための機材、これらを設置する施工費用が必要です。
2011年の設置費用は、1kWあたり46万円程でした。
しかし、2017年になり1kwあたり25万円となっています。

なぜ半額以下に下がったのか、その理由は2つです。
1つは、発電システム自体の価格が世界規模で低下しているという事。
2つ目は、施工技術が向上し、コストをかけずに設置できるようになりました。
太陽光発電は、日本だけではなく世界中で普及しました。
それにより、発電システムを大量生産することができ、業界全体で価格が低下することになったのです。
また、工事を効率的に行い、設置費用を低下させるという施工店の努力もあります。
これまで、設置費用が高いという点で導入を躊躇っていた場合でも、太陽光発電システムを導入しやすくなっているといえるでしょう。

太陽光発電システムを導入することは、電力を売ることだけが目的ではありません。
電気代を削減することにもつながるのです。
太陽光発電で生産した電力を自宅で消費する事によって、電気代を削減することが可能となります。
あくまでも、消費せずにあまった電力を売るという考えです。
この様に考えると、電力の買い取り価格が多少低下したとしても、大きな問題ではないでしょう。
電力会社が電気代を値上げする可能性もあります。
その様な場合でも、家庭で電力を生産できるのであれば、さらに大きなメリットとなるでしょう。